一汁三菜で健康的な料理メニュー決めと手軽に作れるレシピ活用法

料理を今まではほとんどしなかったが、結婚を機に作るようになったという方も多いのではないでしょうか。

家族が増えると、家族のためにも美味しくて健康的な料理を作ってあげたいものです。
しかし、毎日のメニュー決めや作る手間は大変なものです。

健康的な料理メニューの決め方と、手軽に作れるレシピ活用法をご紹介させていただきます。

1.メニューはメインの物と汁物を先に決める

メニューを決めるときは、肉や魚のメインの物から決めるとほかの料理も決めやすいものです。
作るものが決まっていて買い出しに行くという時は良いですが、冷蔵庫にあるものでご飯づくりをするという場面も出てくるでしょう。
その場合も今あるお肉や魚からメインの物を先に決め、それに合わせたおかずを後から決めていくと自然とメニューも見えてきやすいでしょう。

また、健康的なメニューを心がけるにあたり、温かい汁物を取り入れることは、体も温まることができるので積極的にメニューに取り入れたい一品です。
お味噌汁などは馴染みのある汁物ですが、さまざまなバリエーションが楽しめます。
メニューの中で野菜が不足していると感じたら野菜たっぷりのお味噌汁にすることも容易です。
その日のメニューによって汁物の内容をバランスを見て変えることで健康的な料理メニューに近づけることができるでしょう。

2.おかずのメニューに困ったときはレシピを参考にして作る

料理の中には健康を気遣い、できるだけたくさんの種類の食材を使いたいものです。

メイン料理と汁物が決まれば、あとはおかずを他の食材を使って料理に合うメニューを心がけ決めていくと良いでしょう。
おかずのメニューに困ったときには、現在ではインターネットなどで簡単にレシピも調べることができるので、レシピを活用するというのも一つの方法です。
今ある食材を検索するだけで、その食材を使った様々なレシピが出てきます。
中には時間をかけずに手軽に作れるレシピも載っているので、おかずは手軽に作れるものを参考に作っても、バランスのとれたメニューにできていれば申し分ないです。
手間をかけることも大切ですが、最初のうちは品数や食材の種類、バランスを考えたメニューで、手軽に作れるものをレシピを参考に作ってみると良いでしょう。

まとめ

健康的な料理を作るためにも、品数や食材の種類やバランスを心がけ、一汁三菜を目標にメインメニューから決めて作っていくとやりやすいでしょう。
手間がかかっていないものであっても、一汁三菜のものが食卓に並んであるとバランスの取れた健康的なメニューになっていきやすいものです。

また、新たな食材を使ったおかずを作りたいけどメニューに困ったというときには、レシピを検索して参考にすることも手軽に作れるのでお勧めです。

次第に自身のレパートリーを増やすことにもつながり、料理の腕もあがってくるでしょう。